Fire TV StickとStick 4Kの機能とは?テレビ・プロジェクターとの接続方法も詳説!

2017年12月17日ライフハック

Canteenです。

AmazonでFire TV Stickを買いました。前から存在は知っていたのですが、よく機能を理解してませんでした。ですが使ってみると、めちゃくちゃ便利です!

Fire TV Stickは、テレビまたはプロジェクターとセットで使うアイテムです。テレビまたはプロジェクターでインターネット動画が観れるようになります

我が家ではテレビ代わりにプロジェクターで地上波放送を観ているのですが、Fire TV Stickのおかげで、地上波放送に加えて大画面でYoutubeやHulu、Netflix、Abema TVの動画を観れるようになりました。

Amazon Prime会員の方はAmazon Primeビデオのドラマや映画、お笑い番組をテレビで観れるようになりますので、Fire TV Stickを必ず買ったほうがよいと思います。

それでは、Fire TV Stickの機能、プロジェクターとの接続方法、また2018年12月発売予定のFire TV Stick 4Kの機能をご紹介していきます。

テレビ局の女性キャスター
テレビ局の女性キャスター

Fire TV Stickでできること

テレビ、プロジェクターでネット動画を見れる

Fire TV Stickをテレビの裏にあるHDMI端子に差し込み、ご家庭の無線LANに接続すると、インターネットの有料動画(Amazonビデオ、Hulu、U-NEXT等)やYoutubeなどをテレビでストリーミング再生することができます。最近人気のAbema TVもテレビで見ることができます。

仕組みとしては、パソコン等とは独立して、Fire TV Stickがネットから動画をストリーミング再生するという感じです。そのため、ネット動画の別途契約をしておけば、パソコン等はいらず、テレビの画面とFire TV Stick、インターネットの無線環境さえあればネット動画を視聴できます。ちなみに別売りのAmazonイーサネットアダプタを購入すれば、有線LANでも接続可能です。

Abema TVはストリーミングなら全チャンネルを無料で視聴できます。

地上波放送だけではなく、Abema TVの多数のチャンネルをテレビで見れるようになるだけでも、Fire TV Stick購入の相当なメリットがあると思います。

普段からHuluやNetflixなどの有料契約をされている方にとっては、テレビの大画面でネット動画を簡単に見れるようになりますので、非常に便利なアイテムです。

映画、番組、出演者等を音声検索できる

Fire TV Stickには音声検索ができるリモコンがついています。これがとても便利です。というのも、パソコンがない場合、文字を入力して何かしら検索するという作業はとても手間で億劫な作業となります。しかし、音声検索機能(音声認識のボタンを押しながら、リモコンへ話しかけるだけ)を使えば、あっという間です。

あまり、音声検索を使いこなしたことなかったのですが、Fire TV Stickでの音声検索はリモコンでぽちぽち一文字一文字を打つよりも圧倒的に便利です。

パソコン、スマホ画面をテレビへミラーリングできる

WindowsであればMiracast、MacやiphoneであればAirplayで画面をテレビに映し出すことができます。Androidのスマホでもできます。スマホの機種によって接続方法は違うみたいです。

ただ、少なくともFire TV Stickにはミラーリング機能はありますが、Fire TV Stick 4Kでミラーリング機能が実装されているかどうかは、現時点では不明です。

こちらが、Amazon公式のミラーリング機能の説明になります。

ホテルや旅館などの出先でも楽しめる

Fire TV Stickはコンパクトです。旅行先や滞在先に持っていってテレビに差し込めば出先でもネット動画を楽しめます。出張の多い方にはおすすめです。

その場合、無線LAN接続することになりますが、そこで提供されている無料のWi-Fiを活用すれば問題ありません。

 

プロジェクターとの接続方法

テレビの場合には、テレビの裏にあるHDMI入力端子にFire TV Stickを差し込むだけです。

一方、プロジェクターの場合も同様です。ただ、ホームシアター用のサウンドバー、AVアンプを使用している場合には、事情が変わってきます。その場合には、サウンドバーにFire TV Stickを差し込むことになります。HDMIの入力端子の数によってはAVセレクターにFIre TV Stickをつなぎます。下図を参照ください。

プロジェクターと周辺機器の接続方法例
プロジェクターと周辺機器の接続方法例

プロジェクターと周辺機器の接続方法の詳細はこちらの記事にまとめておりますので、よければ合わせてご覧ください。

 

Fire TV StickとChromecast、Apple TVとの比較

Fire TV Stickは安い

2017年12月のCyber Mondayにて購入しました。その時10%オフでした。ただ、10%オフと行っても500円くらいしか安くなってません。というのもFire TV Stickはもともと4,980円(2018年11月現在)だからです。これはむちゃ安いです。

似たようなストリーミング端末には、Chromecast(4,980円税込)やApple TV(15,800円税別)がありますが、それらと比較しても最安です。ちなみに、2018年12月に発売予定の上位機種のFire TV Stick 4Kは6,980円です。以前発売されていたFire TVは発売が中止されているようです。

対応する動画サービスに大差はない

Fire TV Stickと他の製品(Chromecast、Apple TV)との違いは、対応している動画ストリーミングサービスにあります。例えば、WOWOWオンデマンドに対応しているのは現状(2018年11月時点)、Chromecastのみです。

自分がよく見るネット動画サービスがカバーされているかどうかを少なくともチェックしておけば良いと思います。ただ、HuluやNetflix、Youtube、Abema TVといった主要な動画サービスはどの機器も対応しています。

そのため、価格とスペックを比較するとFire TV Stickがおすすめになります。詳しく気になる方はFire TV Stick、Apple TV、Chromecastの比較が下記サイトによくまとまっていますので、ご紹介しておきます。

Fire TV Stickの動作はサクサク

他製品との比較はしていませんが、Fire TV Stickの動作は特にもっさりしてないです。普通にサクサクです。動作について懸念する必要はないと思います。

インターネットの回線速度に依存するかとは思いますが、プロジェクターで動画を見ていて途中で止まったり、音の遅延があったりということは今のところないです。

ただ、ミラーリング機能には期待しないほうが良いです。我が家のMacで再生した動画をミラーリングしてプロジェクターの画面で見ると、音の遅延があります。映画を見るには耐えられない感じです。

 

Fire TV Stick 4Kのスペックは?

Fire TV StickとFire TV Stick4Kのスペックの大きな違いは、

  • 4K画質を映せるかどうか
  • Alexaに対応しているかどうか
  • 処理能力が80%向上

の3点みたいです。ただ4K動画については、テレビまたはプロジェクター側も4Kに対応していなければ当然観れません。

Fire TV Stick 4Kは2018年12月12日に発売予定です。これから新しく購入される方は、そこまで価格差も大きくありませんので、Fire TV StickよりもFire TV Stick 4Kのほうがよいかもしれません。

Amazon公式によるFire TV StickFire TV Stick 4Kのスペック比較は各購入ページにありますので、よければ合わせてご覧ください。

 

まとめ

以上、Fire TV Stickのご紹介でした。

価格もそれほど高くないので、Amazon Prime会員またはHuluなどのネット動画サービス契約がありかつ、大きなテレビがご自宅にある方は絶対買ったほうがよいと思います。

大画面でインターネットのストリーミング動画を観れるようになります。繰り返しになりますが、Abema TVは無料ですので、有料のHuluやNetflixの契約をしていなくても、チャンネル数がググっと増えますので、とってもお得です。

地上波放送とインターネット動画の垣根がなくなる素晴らしい製品です。ぜひ、体感されてみてください。

2017年12月17日ライフハック

Posted by Canteen