【厳選】東京からの日帰りお出かけスポット22選!おすすめレジャー・食べ物。都心、多摩、千葉、神奈川!

2018年6月1日遊び

Canteenです。

Canteenはコンクリートジャングル東京に住んでいますが、やはり息抜きに週末には、日帰りでちょっとした遠出をしたくなります。最近はホント気候も良くなってきて、毎週末がお出かけ日和です。

東京でなければ、レンタカーなんか借りて日帰りドライブがさくっと行けてよいですが、東京の場合、日帰りで行くくらいの距離感であれば車で行くよりも電車で行くほうが、早くて安上がりになることがほとんどです

マイカーで来る人よりもそうした公共交通機関を利用する人が多いためかわかりませんが、どこも電車で行っても駅から目的地までも近かったり、交通機関が整備されていたりして便利になっているところが多いです。

東京歴はまだそんな長くはないですが、これまでに行ったおでかけスポットの中で東京から日帰りで行けるオススメスポットをご紹介していきます。

紅葉とふたり
紅葉とふたり

都心

新宿御苑

  • 最寄り駅:JR新宿駅
  • 入場料:200円

新宿御苑は大都会新宿の癒やしスポットではありますが、入場料で200円がかかります。

ごちゃついた新宿にある広大な緑地です。都心にあってアクセスもいいので、レジャーシートを持っていってピクニックするにはもってこいです。

200円かかりますが、中には植物園やらバラ園やらがあってお散歩して楽しいです。ドコモタワーの見える眺めがきれいです。

新宿御苑の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

代々木公園

  • 最寄り駅:JR原宿駅
  • 入園料:無料

代々木公園は無料です。いつも人がわんさかいて賑わってます。

ピクニックしてる人がたくさんいます。

入園料かからないので、新宿御苑よりもお手軽にいけます。代々木公園ですが、最寄り駅はJR代々木駅ではなく原宿駅です。

代々木公園の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

TeNQ

  • 最寄り駅:JR水道橋駅 西口
  • チケット:1,500円

TeNQは宇宙博物館的なのとプラネタリウムみたいのが一緒になった施設です。

東京ドームシティにあります。リピートするほどではないですが、一度行ってみると面白いかもしれません。

サクッと楽しめます。

TenQの様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

東京ドーム

  • 最寄り駅:JR「水道橋駅」
         都営地下鉄三田線「水道橋駅」
         東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」
         都営地下鉄大江戸線「春日駅」

東京ドームです。たまに野球観戦行くとビール飲みながらワイワイガヤガヤ楽しいですよね。野球詳しい人と観に行くとより楽しめます。

上でご紹介しましたTeNQと同じく東京ドームシティの一部です。

東京ドームのスケジュールを見てみると野球かライブの予定が詰まってます。

東京ドームの様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

エビスビール記念館

  • 最寄り駅:JR恵比寿駅
  • エビスツアー:500円

エビスツアーっていうのに参加すると試飲2杯までのビール工場見学的なツアーを楽しめます。残念ながら飲み放題ではないです。

お姉さんが美味しいビールの注ぎ方とか教えてくれます。

オシャレスポットの恵比寿ガーデンプレイス内にあります。場所がやや分かりづらいですが、地下の奥の方です。

エビスビール記念館の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

東京タワー

  • 最寄り駅:大江戸線 赤羽橋駅
         日比谷線 神谷町駅
         三田線 御成門駅、芝公園駅
  • 入場料:メインデッキ(150m) 900円
    トップデッキツアー(250m) 2,800円(メインデッキ含む)
    東京ワンピースタワーPARK PASS+メインデッキセット券 2,900円

ワンピースタワーっていうのが常設されてるみたいです。東京タワーのメインデッキ入場券とのセット購入もできます。

メインデッキでは2018年6月1日(金)~9月2日(日) まで毎日、天の川イルミネーションというのが催されます。

また、タワーの真下でジンギスカンの食べ飲み放題も夏場やってます。「ROOFTOP ジンギスカン」「HIGHBALL GARDEN」ってやつです。

いろいろ集客に力入れてて久しぶりに行ってみると楽しそうですね。

東京タワーの様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

東京スカイツリー

  • 最寄り駅:東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」
         半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」
  • 展望デッキ(350m)当日券:2,060円
    天望回廊(450m)当日券:1,030円

めっちゃでかいです。こちらもご紹介不要ですね。

東京スカイツリーの様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

JR中央線方面

深大寺

  • 最寄り駅:JR三鷹駅 or 吉祥寺駅からバス
         京王線調布駅 or つつじヶ丘駅からバス

癒やしスポット深大寺です。門前町はよく観光地化されていて、名物の深大寺そばを食べられるお店がたくさんあります。お蕎麦美味しいです。

周辺にはさらに東京都立神代植物公園や水生植物園もあります。

とってもいいところなのでおすすめです。御飯も美味しいし、昔ながらの雰囲気があります。

深大寺の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

昭和記念公園

  • 最寄り駅:JR立川駅 or 西立川駅
  • 入園料:450円(年に何度か無料入園日あり)

昭和記念公園はめちゃ広いです。原っぱでピクニック的なことするにはもってこいです。ちょくちょく肉フェスみたいなイベントもやってます。

バーベキューガーデンという年中バーベキューできるスペースもあります。食材の持ち込みもできますし、手ぶらでも器材込でバーベキューできます。冬もやってます。寒そうですね。

以前は毎年かき小屋をやってましたが、いつしかなくなってしまいました。

夏には花火大会もあります。人もたくさんいますが広いので、割と見やすいと思います。

昭和記念公園の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

井の頭恩寵公園

  • 最寄り駅:JR吉祥寺駅
    京王井の頭線井の頭公園駅
  • 入園料:無料

井の頭公園はいつも和気あいあいしてます。土日には大道芸人さんも複数いらっしゃって独特の雰囲気があります。

サクラがわんさか生えていて、桜の季節はとってもきれいです。

吉祥寺の人混みに疲れたら、井の頭公園で一休みすると良いと思います。こちらはこちらで人多いですが。

ドラマの撮影スポットとしても頻繁に使われています。

三鷹の森ジブリ美術館も併設されてます。予約が必要です。こじんまりしていますが、お洒落で瀟洒なところです。

また、井の頭自然文化園(井の頭動物園)もあります。有名なゾウのはな子がいたところです。2016年に死んでしまいましたが、国内最高齢の象でした。海外からは閉じ込めてたなんだと劣悪な飼育環境だったとの批判もありました。

井の頭公園の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

勝沼ぶどうの丘

  • 最寄り駅:JR勝沼ぶどう郷駅
  • 専用の試飲容器タートヴァン:1,100円

中央線で山梨県へずっと行ったとこにあります。新宿から最寄り駅の勝沼ぶどう郷まで2時間15分で最寄り駅から徒歩15分程で着きます。

気持ちのいいところなので歩いても苦にはならないかなと思います。ワインは専用のタートヴァンという受け皿を購入する必要がありますが、全てのワインを試飲できます。

天空の湯という温泉もできてて快適になってるみたいです。車を借りてドライブで行くと、行動範囲が増えて良さそうです。

勝沼ぶどうの丘の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

多摩方面

多摩動物公園

  • 最寄り駅:京王線、多摩モノレール 多摩動物公園駅
  • 入園料:600円

入園料は安いですが、結構広くて楽しめます。新しい施設ではないですが、THE動物園です。

人混みも多くはないので、ゆったりとした時間を過ごすことができると思います。

多摩動物公園の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

東京競馬場

  • 最寄り駅:京王線「府中競馬正門前駅」
         京王線「東府中駅」
         JR武蔵野線/南武線「府中本町駅」
         西武線「是政駅」
  • 入場料:200円

競馬場というとギャンブルで良くないイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、広い芝生の広場や観客席から馬が走ったりみんなが一喜一憂したりするの見るのは楽しいです。

馬券も数百円から買えますし、運試しに競馬新聞見ながら買ってみるのも楽しいと思います。

馬の走るレジャー施設と思って行くと良いと思います。お子さん連れでも楽しめます。

東京競馬場の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

千葉方面

葛西臨海公園

  • 最寄り駅:JR京葉線 葛西臨海公園
  • 入園料:無料

千葉県ではなく東京都江戸川区にありますが、千葉方面です。ディズニーランドのある舞浜駅の1つ東京側の駅が最寄りです。葛西臨海公園には広大な芝生ゾーンがあり、ピクニックやレジャーにはとてもおすすめです。

また、葛西臨海水族園や鳥類園ウォッチングセンターもあって、いろいろ楽しめます。

とりあえず行ってみればいろいろ発見があって楽しいと思います。

葛西臨海公園の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

東京ディズニーリゾート

  • JR舞浜駅:JR舞浜駅
  • パークチケット:7,400円

人がわんさかいます。これはご紹介不要ですね。

東京ディズニーリゾートの様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

成田山新勝寺

  • 最寄り駅:JR成田線成田駅
  • 参拝料:無料

成田山はうなぎが有名で参道にはうなぎ屋さんが並んでます。ぜひ立ち寄ってみてください。

ウナギついでの参拝になると思います。境内も結構立派です。

成田山新勝寺の参道の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

成田ゆめ牧場

  • 最寄り駅:JR滑河駅(牧場までの無料送迎バスあり)

ここがすごいのはひまわり迷路です。大人の背の高さほどの大きなひまわり畑で、思いっきりひまわりを満喫できます。

背の低い向日葵のひまわり畑だとちょっとがっかりしちゃうこともあるかと思いますが、ここはそうはなりません。

また、牧場自体も内容盛り沢山です。乳牛の乳搾りやドッグガーデン、あとセグウェイにも乗れます。控えめに言っても楽しいです。

途中の成田山で鰻丼、鰻重を食べてくとよいです。

成田ゆめ牧場の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

海ほたる

  • ドライブスポット

神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ東京湾アクアライン上にあるパーキングエリアです。

特に何があるわけではないですが、関東にやってきたんだな感を感じることができます。

海が時化ている時に東京湾アクアラインを渡るとなかなかのスリルです。運転はやめたほうがいいです。

千葉に行くときにドライブがてら行く場所で目的地にはならないと思います。

海ほたるの様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

マザー牧場

  • ドライブスポット
  • 入場料:1,500円
  • 駐車料金:900円

車でなくてもいけますが少々ややこしいので、車で東京湾アクアラインをドライブして行くのがおすすめです。

マザーファームツアーというのもあって、参加されたい場合は入場料とのセット販売があります。

動物のエンターテイメント施設です。有名なので一度行ってみると良いと思います。

マザー牧場の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

鴨川シーワールド

  • 最寄り駅:JR安房鴨川駅
  • 入園料:2,800円

鴨川シーワールドは千葉の房総半島の東海岸にあります。そこそこ遠いですが、日帰りで行けます。

鴨川シーワールド自体はザ・水族館っていうようなところです。水族館にありそうなものは大抵あります。アシカショーやイルカショーなどを楽しめます。ただ、全体的にやや古いです。

電車でも行けますが、ドライブがてらに車で行くイメージかなって思います。途中で海ほたる寄ったりして。

鴨川シーワールドの様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

神奈川方面

RAKU SPA鶴見

  • 最寄り駅:JR川崎駅
         JR鶴見駅、京急鶴見駅(各駅から送迎バスあり)
  • 入場料:1,480円(平日)
  • 1,680円(土日祝日)

キングオブリラックススポットです。施設自体新しいです。

今回ご紹介のスポットの中で1番のオススメです。

温泉は広くて種類がたくさんあり、きれいですし、岩盤浴も複数種類あります。

漫画コーナーもかなり充実してて、種類も豊富です。

広めのごろ寝スペースに、奥にはリクライニングソファがあってずっとゴロゴロできます。

レストランのご飯もちゃちな感じではなくかなり美味しいです。

利用者はファミリー層やカップルなど比較的若めの人が多いです。

充実してて土日祝日でも1,680円なので下手なネカフェや銭湯行くよりもよっぽど楽しめると思います。

川崎駅は再開発が進んで、ラゾーナ川崎もできてますし、川崎へのお出かけの際にはぜひ一度行かれてみてください。

RAKU SPA鶴見の様子はGoogle画像検索からどうぞ。

 

猿島

  • 最寄り駅:京急横須賀中央駅
  • 乗船料:1,300円(往復)
  • 入園料:200円

横須賀からフェリーで渡れます。島内ではコスプレイヤーをちらほら見かけます。横須賀観光とセットで行くと楽しいと思います。また、横須賀の軍港めぐりは汐入ターミナルからなので、猿島行きのフェリー乗り場とは違う場所なので、ご注意ください。こちらの記事で、行ってきたレポート記事書いてます。

 

まとめ

以上、Canteen調べの東京から日帰りで行けるオススメスポット、東京からの日帰り旅行のおすすめでした。行ってよかったところだけまとめてます。

東京近郊は電車でどこでも行けるので便利ですよね。でもたまには、運転して千葉方面へのドライブも楽しいと思います。

ご紹介のスポットはファミリーで、あるいはカップルで行ってもどこも楽しめると思います。

皆様の楽しい休日の一助になれば幸いです。

2018年6月1日遊び

Posted by Canteen