【妊娠後すぐにやることリスト】超重要!妊娠届・妊婦健診・産婦人科選び・出生前診断!

2017年11月10日子育て

Canteenです。

妻が最近妊娠しました。妊娠がわかったら、

  • 食生活の管理
  • 妊婦健診
  • 助成金の申請
  • 出産する病院選び
  • 出生前診断を受けるかどうか

など色々やることが増えます。

どれも赤ちゃんの健康のためにも、金銭的にも、ご夫婦のためにも本当に重要です。その割に結構ややこしいです。

初めての出産の場合には特に色々不安もあるかと思いますが、もれなく対応しておきたいですよね。

それでは、妊娠がわかったらすぐにやるべきことを順にご紹介していきます。

赤ちゃんと母親の手
赤ちゃんと母親の手

妊娠がわかったらすぐにやること

妊娠何週目か確認する

妊娠したかもとなったら病院へ行って、妊娠週周目か、赤ちゃんの状態に問題がないかを確認する必要があります。

奥様が仕事をされている場合にはなかなか休みが取れないと思いますので、平日の昼休みにサクッと職場近くのレディースクリニックもしくは、産婦人科に行くことでよいと思います。ただ、必ず次の項目で説明しますけれども、その病院の口コミを確認してから受診することをおすすめします。

産婦人科の口コミを調べる

産婦人科へ行く前には、必ずGoogleマップでその病院の口コミを確認したほうがよいです。Googleマップで病院を選んだら、口コミが書いてありますよね。

ネガティブな評判は、基本的にどこの産婦人科の比較サイトを見ても書いてないです。運営側に削除されるためです。しかし、Googleマップで検索して出てくる★の評価の口コミには、ある程度ネガティブなことも書いてあります。信憑性はかなり高いです

自治体に妊娠届を提出する

医療機関等を受診し妊娠確定後、お住いの自治体へ妊娠届を提出します。詳細は、お住いの自治体のホームページをご確認ください。

妊娠届を提出すると、母子健康手帳の交付を受けることができます。その際、自治体によっては公費助成の検診票を受け取ることができます。

私の住んでいる東京のとある区では、赤ちゃんの心臓の拍動が確認できるまでは助成の対象外でした。助成が出始めてからも、助成額を超えた部分については自費負担になります。あまりに高いなと感じたら、初診料はかかってしまいますが、途中で病院変えるのも一つの手だと思います。割とぼったくり気味のところもありますので、Googleマップの口コミでよく確認してください。

食生活に注意する

もちろん、アルコールやタバコは控えましょう。

そして、葉酸や鉄分、亜鉛サプリメントを活用しながら、積極的に摂取しましょう。胎児の発育に必要です。葉酸が不足すると、先天性疾患が生じる恐れがあります。胎児の発育も遅れることがあるそうです。

また、マグロを食べないように注意しましょう。マグロには水銀が多く含まれていて、胎児に悪影響です。

絶対に放射線を避ける

放射線なんて浴びないよなんて思っている方もいるかもしれませんが、定期検診や人間ドック、CT検査、歯医者などのX線検査、PET検査など放射線を浴びる機会はあります。特にPET検査は基本的には妊婦は受けてはいけません。

病院を受診する際には妊娠していることを医師にきちんと伝えましょう。日本放射線技術学会のホームページにX線検査についてリスクは低いような説明がありますが、決して妊婦のX線検査を推奨しているわけではありません。避けられるのであれば可能な限り避けることに越したことはありません。

妊娠初期に妊娠に気づかずにX線検査を受けてしまうことがままあるようです。

妊婦健診を受ける

同じ妊婦検診でも請求費用が病院によりまちまちです。また、産婦人科でかかる費用は、基本的に健康保険外の自費診療になります(病気やけがをして病院に行く場合には通常3割自己負担ですが、妊婦健診は10割の全額自己負担です)。

口コミで費用が高いと書かれているところは、他院よりも多く請求がきますので、要注意です

妊婦健診を出産する病院で受ける

基本的には出産する予定の病院で可能な限り早期から妊婦健診を受けましょう。

なかなかお休みがとれず、出産予定の病院にかかることができないような場合には、やむを得ないので、通いやすい産婦人科を受診することになるかもしれません。ただ、その場合でも繰り返しになりますが、Googleマップでの口コミが良いところを受診しましょう。

出産する病院選びのポイント

様々な要素がありますので、口コミを当てにして、自分の希望の病院を探します。また、万が一の不測の事態に備えて、ICU等のある救急設備の整った病院が良いと思います。

出産する病院選びのポイントをまとめていますので、合わせてこちらの記事もご覧ください。

出生前診断を受けるか決める

出生前診断とは胎児に先天性の障害がないか、確認するための検査です。これを受けるかどうかは、非常に重要な問題で、夫婦でしっかり話し合って決める必要があります。

出生前診断はどこの病院でもできるわけではないですし、混み合ってて予約も必要となる場合もあります。希望する、または話を聞いてみたい場合には早めに出生前診断を受け付けている病院を受診することをおすすめします。

出生前診断を検討されている方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

まとめ

妊娠がわかったらすぐにやるべきことの大まかな流れのご説明でした。いろいろ不安はあるかと思いますが、出産する病院を決めてしまえば、いろいろうまく行きます。急なことですが、とにかく出産する病院をさっさと決めてしまいましょう。

また、サプリメントのことなんかは先生は余り教えてくれないので、自分からネット検索等で積極的に情報を取りに行くことが重要です。皆様のお子様の無事な出産をお祈りします。

2017年11月10日子育て

Posted by Canteen