Amazon Mastercardゴールド(最大2.5%ポイント還元)の作り方とプライム会員の年会費を安くする方法!

2020年3月22日ライフハック

Canteenです。

Amazonで買い物を良くしたり、Amazon Primeビデオを良く見たりする人はAmazonマスターカードゴールドを作るのがおすすめです。プライム会員特典が付帯特典としてついてくるので、ゴールドカードの年会費が実質的にプライム会員の年会費になることになります。

しかも、うまくやるとゴールドカードの年会費がAmazon Prime会員の年会費の4,900円(税込)よりも安くなります。しかも、ゴールドカードの会員費用を払うことでプライム会員を維持しつつ、ゴールドカードの特典も得られることになります。

要はAmazon Prime会員費用が安くなってかつ、ゴールドカードの付帯特典を得られるようになります。Amazonマスターカードゴールドにはメリットしかないことをご理解頂けたのではないでしょうか。

それではここからは、Amazonマスターカードの特典・作り方・年会費割引の受け方を詳しくご説明していきます。

Amazonマスタカードゴールドにはプライム会員特典が付帯してかつ年会費が安くなる

Amazonをよく使われる方なら、Amazonマスターカードゴールドを作らないと損です。というのもAmazonプライム会員の年会費は4,900円(税込)ですがAmazonマスターカードゴールドを持てばプライム会員特典が追加費用なく付帯してきます。

さらに、Amazonマスターカードゴールドの年会費はもともと11,000円(税込)ですが、

ポイント

  • マイ・ペイすリボに登録で5,500円(税込)割引(初年度、2年目以降も前年度に1回以上カードの利用があれば割引)
  • カードご利用代金WEB明細書サービスの利用で過去1年間に6回以上の請求回数がある場合、1,100円割引

となり、年会費は実質4,400円(税込になります。

繰り返しですが、ゴールドカードにはAmazonプライム会員4,900円(税込)相当が付帯しますので、Amazonプライムに入会している方であれば実質プライム会員の年会費が500円割引になります。

イメージの良くないリボ払いですが、マイ・ペイすリボ設定の初期値を3万円から限度額いっぱいに上げておけば、それ以下の支払いの場合には手数料はかかりません。

肝心のAmazonマスターカードゴールドの海外旅行保険は自動付帯と利用付帯があって利用付帯のほうが補償内容が良いので、航空券やホテル代等の旅行代金の支払い等にはゴールドカードを用いましょう。

余談ですが、基本的に海外旅行保険は後日請求で、トラブル発生時にはいったんお金を立て替えて置く必要があります。限度額に余裕を持ったクレジットカードを必ず持参しましょう。

ただ、この割引の条件が次回の支払い(2021年2月に支払う年会費)から変更になります。変更後は、「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがある(毎月のお支払い・臨時のお支払い)となります。そのため、2020年中に一度はリボ払い手数料を支払うようにうまく調整しましょう。この割引条件の変更の詳細は三井住友のホームページから確認できます。

Amazonマスターカードゴールドで常にAmazonで2.5%還元

Amazonマスターカードゴールドを使ってAmazonでお買い物をすると常に2.5%還元です。それに加えて、タイムセール祭り、年に一度のPrimeセールなどの時にゴールド会員の支払いにのみさらにポイント還元が加算されます。

Amazonでよく買い物する方はAmazonでの支払いをこのカードにするだけで物凄い節約になります。

これだけでもカードを作るメリットになりますね。

ゴールドカードの特典(海外旅行傷害保険・空港ラウンジ)

ゴールドカードとしての付帯特典で海外旅行傷害保険がついてきます。海外旅行に行く時に別途海外旅行保険に加入する必要がなくなります。ただ、適用条件については、申込後に良くご確認ください。

また、こちらも一般的なゴールドカードの特典として空港ラウンンジを無料で使えるようになります。羽田空港のラウンジは良く使っていました。美味しいソフトドリンクが飲めますし、朝早く行くとパンも出てた気がします。

福岡空港のカードラウンジはソフトドリンク飲み放題かビール一本のどちらかが選べて、出張終わりに良くビール飲んでいました。ゴールドカードの特典も馬鹿にならないです。

Amazonマスターカードゴールドの作り方

Amazonマスターカードゴールドはこちらのリンクから公式ページに飛んで申し込みができます。ポイントは、申し込み時には

  • マイ・ペイすリボへの登録
  • カードご利用代金WEB明細書サービスの登録

を忘れないでください。そして、1ヶ月分のリボ払い手数料を支払ったのちに、Vpassというクレカのアカウントページからリボ払いの月々の支払い料金を上限いっぱいまであげることでその後のリボ払い手数料の支払いを回避することができます。

注意

2021年2月の支払いの次の2022年2月の年会費支払いの前までに、今度は支払い上限を下げて、少なくとも1ヶ月分のリボ払い手数料を支払っておかないと年会費の割引が受けられないことに注意が必要です。

また、多少面倒ですが、Amazon Mastercard クラシックに申し込んでから、ゴールドカードに切り替える手法もおすすめです。なぜかというとクラッシックにのみ入会特典として5,000ポイント(5,000円相当)が付与されるからです。クラシックから申し込んでゴールドに切り替えるつもりの場合には、クラシックへの申し込み時に

  • マイ・ペイすリボへの登録
  • カードご利用代金WEB明細書サービスの登録

を忘れないようにしてください。クラシックからゴールドへの切り替え時にマイ・ペイすリボへの登録ができないようです。クラッシックの時から設定しておけば問題ないです。

まとめ

以上、Amazonマスターカードゴールドのご紹介でした。

ご覧いただいたとおり、Amazonのヘビーユーザーにとっては作らないと損になりかねないようなメリットの多いクレジットカードとなっています。ただ、2021年2月の年会費の支払い分から、年会費の割引条件が変更となることに注意してください。

Amazonのタイムセール祭り、サイバーマンデーなどにはゴールドカード保有者のみを対象にしたポイント還元率アップがあったりしますので、それらを期に作っておくと良いと思います。

皆様のAmazonライフの一助になれば幸いです。

2020年3月22日ライフハック

Posted by Canteen