スーツが夏は蒸れず、春秋は暖か。グンゼのステテコ下着の威力!

2018年4月1日ライフハック

Canteenです。

桜も咲いていい季節になってきましたね。花粉が鬱陶しいですが。毎年の花粉症での仕事の効率の低下や、花粉症に対する医療費を考えると、薬を作るより杉の木を切り倒したほうが、安上がりだそうです。

ホント切り倒してほしいです。

さて、まだ汗かくほど暖かくはないですし、三寒四温で寒い日もやってきます。体調を崩しやすい季節ですよね。冬の間はユニクロのヒートテックももひきを履いていればオッケーでしたが、そろそろ暑くなってきます。

ただいきなり下半身ヒートテックを脱いでしまうと、あれに襲われてしまいます。

そう、腹冷えによる腹痛です。

痛いですよね。腹痛でトイレにこもるときだけは、神様に助けを求めます。また、夏場になってくると腹冷えは減ってきますが、別なあれに襲われます。

そう、スラックスが汗で足にベッタリ張り付くやつです。

そんな下半身の体調管理や温度管理に役立つのが、グンゼの夏用ステテコです。こんなやつです。

夏場に暑いのにももひきなんて履かないよ、なんて思っているそこのあなた。ぜひ一度このステテコを履いてみてください。とっても心地よいです。

冬以外に履くステテコのよさをお伝えしたいと思います。

額の汗を拭う外回りの営業マン
額の汗を拭う外回りの営業マン

グンゼのステテコとは?

これは7分丈になってまして、暑くもなく寒くもなくちょうどいい長さのステテコです。夏にも履けるように通気性がよく、汗の乾きやすい素材になっています。

これのよいところは、暑くもなく寒くもなくちょうどいい感じに保温してくれるところです。これからの季節のどういう場面で役立つのか、詳しくご紹介していきます。

 

汗がスラックスに染み込まない

スーツで夏場に外勤に行くのほんとつらいですよね。この時代にいつまでこんな不合理なことさせられるんでしょうか。汗っかきの人はネクタイに染みができるくらい汗かきますよね。

直接スーツと体が触れる足の部分なんかでは、汗でスラックスが足に貼りついて気持ち悪いことにもなりますし、スーツのクリーニング代がほんともったいないです。

しかし、グンゼの夏用のステテコを履くと、夏場に外勤で汗だくになっても、速乾性のステテコのおかげで、スラックスに汗が染み付かないです。ベッタリする気持ち悪さがありません。夏にステテコを履くなんて熱いんじゃないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、通気性のよい素材なので、暑いと言うほどにはなりません。また、夏場とはいえ、屋内に一歩入ると目一杯冷房が効いていたりすると、逆に寒いくらいなので、ある意味防寒にも使えます。

 

お腹が冷えない

春や秋の季節の変わり目は暑い日が続いたかと思えば、急に寒くなったり、なんだかんだ夜はまだ寒かったりとなかなか服装選びや、体調管理が難しい季節です。腹冷えによる腹痛が起こりやすいですよね。

とはいえ、ヒートテックなんか着てると熱くなってきます。

でもグンゼのステテコを履いていれば、お腹が冷えません。いい感じに保温してくれます。

お腹が冷えないのはほんと大事ですよね。あの腹痛に見舞われると、仕事どころじゃなくなってしまいます。腹巻き代わりにもなるってことですね。

仕事中たまに腹冷えによる腹痛に襲われることがありましたが、冬以外にはこのステテコを愛用するようになってから、腹冷えの腹痛は激減しました。ほんと体調と体温管理にとっても役立つので、おすすめです。そんなに高くないので、試しに1つ購入されてみてください。

 

まとめ

以上、おすすめグンゼの夏用ステテコのご紹介でした。

冬以外にはステテコやももひきをを履かない方も多いかと思いますが、騙されたと思ってこのステテコ履いてみてください。心地よさから手放せなくなること間違いなしです。腹冷えの腹痛から皆様が解放されれば幸いです。

2018年4月1日ライフハック

Posted by Canteen