記事内広告を自動挿入!Google adsenseの自動広告が超便利な件。

2018年6月2日ブログ運営

Canteenです。

デザインが崩れるだなんだとブログ界隈ではやや不評な部分もあるGoogle adsenseの自動広告ですが、インフィード広告や記事内広告だけに設定すると、適宜いい感じに全ページへネイテイブ広告を自動挿入してくれます。

インフィード広告や記事内広告だけに設定すれば、デザインは損なわれない印象です。

そしてなんといっても、簡単です。

個別のページへの貼り付けや、2番目のh2タグ下に挿入みたいな設定しなくても勝手に記事に溶け込むような広告を出してくれます。

ネイテイブ広告使ってみたいけど、設定面倒そうだなと迷われている方いらっしゃりましたら、ぜひ試されてみてください。

Google adsenseの自動広告の設定方法を解説していきます。

ポップアップ広告にいら立つスマホユーザー男性
ポップアップ広告にいら立つスマホユーザー男性

自動広告の作成

まずは下記赤枠の自動広告をクリックします。

Google adsense自動広告の設定
Google adsense自動広告の設定

続いて下記のように右上の赤枠をポチッとします。

Google adsense自動広告の設定
Google adsense自動広告の設定

すると、下記のようにコードが表示されますので、コピーします。

Google adsense自動広告のコード
Google adsense自動広告のコード

Luxeritasの場合、下記のように『子テーマの編集』→『Head タグ』に貼り付け→『保存』します。

Google adsenseの自動広告コードの貼り付け位置(テーマ:Luxeritas)
Google adsenseの自動広告コードの貼り付け位置(テーマ:Luxeritas)

これで自動広告の作成は終了です。超簡単ですね。

自動広告の設定

続いて自動広告の種類を選びます。下記赤枠の鉛筆をクリックして、全般設定へ進みます。

Google adsenseの全般設定
Google adsenseの全般設定

すると下記画面になります。自動広告で不評なのが一番上の『テキスト広告とディスプレイ広告』です。このチェックを外します。ところかまわず広告が挿入され、デザインがイマイチになってしまいますので。

Google adsense自動広告の種類
Google adsense自動広告の種類

続いて下の方にスクロールすると下記のオーバーレイ広告がありますが、いずれもスマホ操作しているとイライラする2大広告なので、Canteenはチェックを両方共外しています。

Google adsense自動広告の種類
Google adsense自動広告の種類

最後に、右下の保存ボタンを押します。

これでアドセンスの自動広告の設定は終了です。超簡単ですね。

自動広告の結果

弱小ブログでありますが、Google adsenseの自動広告は、既存の広告よりも、クリック率と単価ともに上々でした。

特に記事内広告がパワーを発揮しているようです。記事内広告を1つ1つのwebページに設置するのはクソ面倒なので、グーグルの自動広告はほんとに簡単で助かります。

自動広告がいくら稼いでくれているのかは、下記の赤枠をクリックして、『パフォーマンスレポート』→『日別』→『広告の動作』に進んでいくとわかります。

Google adsense自動広告での収益の確認の仕方

まとめ

以上、Google adsenseによる自動広告のおすすめでした。

設定自体はとても簡単で、広告の設置位置や形なんかはGoogleが自動でやってくれますので、ほんとに楽です。

しかも記事内広告のほうが、記事上や記事下の広告よりも効果的なようです。まだ、設置されていない方はぜひ試しにやってみてください。

皆様のブログライフの一助になれば幸いです。

その他、グーグルアドセンスの超便利機能の広告の比較テスト(A/Bテスト)を実施すれば、さらなる収益の増加が見込まれます。こちらの記事にまとめていますので、ぜひ検討されてください。やらなきゃ損です。

2018年6月2日ブログ運営

Posted by Canteen