【簡単解説】WordPressでfunctions.phpを誤って編集しブログにアクセスできない時の対処法(Xserver編)

2018年2月10日ブログ運営

Canteenです。

このブログのfunctions.phpをいじって上書きしたら、急にこんなのが出てきてブログを見れなくなってしまいました。ワードプレスの管理画面にも入れません。

エラー画面 parse error: syntax error, unexpected end of file in functions.php
エラー画面 parse error: syntax error, unexpected end of file in functions.php

 

funtion.phpはワードプレスの管理画面から編集していたので、ミスった箇所を直そうにも編集画面まで辿りつけません。

これはやばいと思いましたが、Google先生に教えてもらい事なきを得ました。焦らずに対処しましょう。

いろいろ調べたのですが、ブログ初心者にはわかりづらい記事が多かったので、超簡単に『function.phpを誤って編集して、ブログが見れなくなったときの対処方法』をご説明します。このブログはXserverでやってるので、それを前提でご説明しますが、他のサーバーを使ってても基本的にはやることは同じだと思います。

簡単に流れをご説明しますと、

①サーバーにログイン
②phpファイルをダウンロード
③間違った箇所を書き換えて
④アップロードする

といった感じです。ここから紹介する方法の良いところは、よくネットで紹介されているFTPクライアントとかいうソフトのダウンロードは不要である点にあります。

それでは、解決方法を確認していきましょう。

① Xserverへログインする

エックスサーバーへアクセスしてログイン画面へ進みます。

インフォパネルからログインします。ログインに必要な『会員IDまたはメールアドレス』と『インフォパネルパスワード』は、エックスサーバーを契約した時に送られてくる『【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]』というタイトルのメールに書いてありますので、探してみてください。

このメールには、その他にもこのエラーの修正に必要な情報が記載されていますので、必ず見つけてください。

他のサイトで紹介されているFTPクライアントとかいうのをダウンロードしてごにょごにょみたいな対処方法を行う際にも、このメールに書かれているIDやパスワード等の情報が必要になりますので、まずはこのメールを探しましょう。

 

② ファイルマネージャにログインする。

インフォパネルにログインしたページにある、ファイルマネージャのログインをクリックします。

 

③ エラーのあるfuntions.phpを見つけてダウンロード

WordPressでXserverを使っている場合には、functions.phpは、

/ドメイン名/public_html/wp-content/themes/テーマ名/

に保管されています。

例としてこのブログでご説明しますと、ドメイン名がcanteentime.netでluxeritasというテーマを使っていますので、

/canteentime.net/public_html/wp-content/themes/luxech/

のようになります。最後のテーマ名のところは子テーマと親テーマの2種類がある場合には、エラーのあるテーマを選択することに注意してください。目的のfunctions.phpファイルを見つけたらクリックして、ダウンロードします。

ファイルマネージャの使い方は、下記に簡単ですが記載されていますので、迷われた場合には参照してみてください。

 

④ functions.phpの間違い箇所を修正する。

ダウンロードしたphpファイルを開き、間違った箇所を修正または変更前の状態に戻します。メモ帳みたいな感じで開けますので、ちゃちゃっと修正します。修正前と後のファイルは修正を失敗したときに備えて、念のため別途保存しておいたほうがよいと思います。

 

⑤ 修正したphpファイルをXserverへアップロードする。

ファイルマネージャのページの右側にある、[ファイルのアップロード]のところから、修正したファイルを選択し、アップロードを押します。修正前のファイルと同一の名称にします。修正前のファイルを削除する必要はないみたいです。

これで終わりです。ブログに再度アクセスしてみてください。問題なく修正されていればこれで解決しているはずです。

 

まとめ

以上、WordPressでfunctions.phpファイルを誤って編集して、webサイトにアクセスできなくなった際の対処方法でした。私を含めて超絶初心者にはハードルの高い事案だと思われますので、焦らず丁寧に対処しましょう。

こういうトラブルが起きかねませんので、functions.phpファイルを変更する際には、必ずバックアップをとっておくことをおすすめします。

同じように困られている方の一助になれば、幸いです。

2018年2月10日ブログ運営

Posted by Canteen