【テニス】NYの全米オープンのチケット購入・会場への行き方まとめ!

2019年10月20日遊び, アメリカ

Canteenです。

2019年のUSオープンテニスを観戦しに行ってきました。

US Open Tennis Championshipは毎年8月末から9月上旬にニューヨークにある、『USTA Billie Jean King National Tennis Center』という会場で行われます。青いハードコートが特徴的です。

私が観戦したのは、2019年のUS Open開催時に世界ランク1位の大阪なおみと地元の期待の新人15歳のココガウフの試合でした。試合後のインタビューを大坂なおみ選手がココ選手とシェアしていたのがとっても印象的でした。

全米オープンテニスは、グランドスラム4大大会の1つです。残り3つは全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権です。NHKで昔から中継しているので、ウィンブルドンが有名ですよね。

正直、テニスに詳しいわけではないのですが、全米オープンに行ってみたらめちゃんこ楽しかったです。

ただ、試合の1日前にチケットを購入して見に行ったので、なんにも下調べしていなくて色々反省があったので、これから全米オープンテニスを観戦する方へ、

  • USオープンテニスのチケットの種類・購入方法
  • USオープンテニスの会場へのニューヨークからの行き方(公共交通機関)・駐車場
  • USオープンテニスの持ち込み品許可品・セキュリティチェック
  • USオープンテニスの楽しみ方

をご紹介していきます。

チケットの種類もいろいろあって、入場できる会場の制限やら何やらが結構ややこしかったです。

また、チケットはTicket Masterからの直接購入に加えて、Ticket Masterを経由してのファン同士のチケットの売買もあります。

反省も踏まえて、全米オープンテニスについてまるっとご紹介していきます。

USオープンテニス
USオープンテニス

全米オープンテニスのコートの種類

全部で17コートあります。中でも大きなコートが下記の3つです。

  • Arthur Ashe Stadium
  • Louis Armstrong Stadium
  • Grandstand

公式ページのマップから会場内にあるコートの場所と種類を把握することができます。

Arthur Ashe Stadiumが最大のコートです。決勝戦もこのコートで行われます。

 

USオープンテニスのチケットの種類・購入方法

チケットの種類

チケットには大きく分けて2種類あります。

  • Individual Ticket:個々の試合観戦用のチケット
  • Ticket Plan:複数日程の入場券

特定の試合だけを見たい場合は、Individual Ticketを購入すればよいですが、複数日程で複数試合を観戦する方はTicket Planを購入しましょう。Individual Ticketは試合の前日でも購入可能ですが、Ticket Planは大会が始まる前に買っておかないとSold Outになるようです。

それぞれのチケットについて更に詳しくご紹介していきます。英語ですが、US OPENの公式のチケットに関するQ&Aはこちらです。

ただ、全米オープンはトーナメント形式です。そのためどの日時のどの試合に誰が出場するかは、直前にならないとわからないことにご留意ください。

Individual Ticket

Individual Ticketについて知っておくべきことは、以下の通りです。

  • 試合は昼と夜に行われます。そのため、Individualチケットには、『Day Sessionチケット』と『Evening Sessionチケット』の2種類があります。
  • Arthur Ashe StadiumDay Sessionのチケットを購入すると、座席予約済みの試合に加え、他の全コートの試合を先着順の自由席で観戦できます。(Louis Armstrong Stadiumのチケット場合には、Arthur Ashe Stadium以外の試合を先着順で観戦可能。)
  •  座席予約済みの試合は1試合ではないはずです。続けて行われる2試合を1枚のチケットで観戦できます。

私はEvening Sessionの試合を観戦したため、Day Sessionのチケットのように複数コートで試合を観戦することがはできませんでした。

どの選手の試合を観戦したいのかにもちろんよりますが、Day Sessionのほうが1日中盛りだくさん楽しめます。各チケットの詳細に関する公式ページのFAQからの英文の引用も参考までに記載しておきます。

What are the different types of Day Session tickets?

  • Arthur Ashe Stadium (Reserved Seating) – Provides an assigned seat in the main stadium along with first-come, first-served access to General Admission seating areas in Louis Armstrong Stadium, the Grandstand, and all of the field courts.
  • Louis Armstrong Stadium (Reserved Seating)* – Provides an assigned seat in Louis Armstrong Stadium courtside seats, along with first-come, first-served access to general admission areas of the Grandstand and all of the field courts.
  • Grandstand Stadium (Reserved Seating)*– Provides an assigned seat in the Grandstand Stadium, along with first-come, first-served access to general admission areas of Louis Armstrong Stadium and all of the field courts.
  • Grounds Pass (General Admission)*^ – Louis Armstrong Stadium, Grandstand, and Grounds Pass tickets do not grant access to Arthur Ashe Stadium.  The only ticket that permits access into Arthur Ashe Stadium is an Arthur Ashe Stadium ticket.
* = These ticket types are only sold for the attending the first eight days of the tournament.
^ = Grounds Admission tickets do not grant access to Arthur Ashe Stadium. The only ticket that permits access into Arthur Ashe Stadium is an Arthur Ashe Stadium ticket.

What are the different types of Night Session tickets?

  • Arthur Ashe Stadium (Reserved Seating) – Provides an assigned seat in the main stadium for all matches scheduled to take place in Arthur Ashe Stadium on a given evening.
  • Louis Armstrong Stadium (Reserved Seating) – Provides an assigned seat in the main stadium for all matches scheduled to take place in Louis Armstrong Stadium on a given evening.

Ticket Plan

Ticket Planには、以下のような沢山の種類が2019年はありました。複数日程で複数試合を観戦予定の方にはおすすめのチケットの種類です。

  • Louis Armstrong Full Series
  • Louis Armstrong Day Sessions
  • Arthur Ashe Stadium First Week
  • Opening Sessions
  • Pre-Holiday Weekend Sessions
  • Holiday Weekend Evening Sessions
  • Arthur Ashe Stadium Full Series
  • Holiday Weekend
  • Championship Week Sessions
  • Evening Sessions
  • Grandstand

種類が多すぎるので一つ一つはご紹介しませんが、こちらの公式ページから各チケットの詳細を確認できます。

チケットの購入方法

チケットの購入は、『Ticket Master』から購入可能です。ただ、反応がなかったり遅かったり、システムがややしょぼいです。また、購入してすぐにはチケットの購入プロセスが完了しなかったり不安にさせられます。Individual Ticketを例に、購入方法をご紹介していきます。

Standard ticketとResale ticketの違い

US Openのチケット選択画面にアクセスして、観戦したい試合の日時を選択します。

その試合で誰と誰が対戦するかどうかは、別途Schedule of Playから確認する必要があります。ちなみに平日の昼間のチケットは圧倒的に安いのでおすすめです。

チケットには価格の異なるStandard ticketとResale ticketの2種類があります。

Standard ticketは運営から発売される公式チケットです。一方、Resale ticketは転売チケットですが、運営側に保障される公式な転売チケットです。人気のある夜や土日の試合では、タイミングによってはResaleチケットしか購入できないことがあります。Standard ticketが見つからないときには、すでにStandard ticketは完売しているということです。

チケットの選び方

下記の赤枠のQTYからチケットの枚数を選択します。価格帯もソートできます。

US Open tennisのチケット購入画面
US Open tennisのチケット購入画面

さらに、+ボタンを押すと座席をより詳細に確認できます。青のドットがStandard Ticket、赤のドットがResale Ticketです。

全米オープンテニスのチケット購入画面(青のドットがStandard Ticket、赤のドットがResale Ticket)
全米オープンテニスのチケット購入画面(青のドットがStandard Ticket、赤のドットがResale Ticket)

この座席選択画面の動きが重たいので、ブラウザの更新ボタンを押すなりして、必要に応じてリフレッシュしてください。

例えば、ドットで座席番号を調べて、右側のカラムからそのチケットを選択すると、座席からの眺めも確認できます。赤枠をご覧ください。めちゃくちゃわかりやすいですよね。

全米オープンチケットの座席からの眺め
全米オープンチケットの座席からの眺め

チケットの価格は座席やタイミングによって大きく変動しますので、希望の価格帯を選択してその中からドットを見ながら座席選びするのがおすすめです。

USオープンチケット代金の支払いとチケット発行

画面右下のGo to Checkoutをクリックすると支払い画面に進みます。

遷移画面
遷移画面

『Sit tight, we’re securing your Verified Tickets』の遷移画面で時間がかかるようなら、ブラウザの更新ボタンを押すなりして、はじめからやり直すことをおすすめします。その後、Nextボタンを押していくと購入する人が住んでいる地域の選択画面に入ります。日本からの購入であれば、Other Countiriesを選択します。

US Openテニスのチケットの受け取り方法選択画面
US Openテニスのチケットの受け取り方法選択画面

Will Callは現地でチケットを入手する方法で、購入に用いたクレジットカードと写真付きの身分証明書(パスポート)を持って、購入者が会場で受け取る必要があります。

ちなみに、私はResaleのチケットをアメリカ在住なのでUSAを選択し、スマホにアプリをインストールして提示する『Mobile Ticket』で購入しました。そこまでは問題なかったのですが、そのバーコードの発行に購入から12時間くらいかかりました。試合の前日の夜に購入したので、試合当日の昼前にようやく購入プロセスが完了し発券されました。時間がかかってソワソワさせられました。Mobile Ticketを購入される方はご注意ください。

 

USオープンテニスの会場へのニューヨークからの行き方(公共交通機関・駐車場)

公共交通機関

マンハッタンからは、7番のSubwayやLIRRを使えば、1本で50分くらいで行けるようです。参考までに下記の地図をご覧ください。

自動車

私は自動車で向かいました。下記の地図の黄色のゾーンが有料駐車場(Paid Parking)です。どこも普通車は$25(2019年のUSオープンの際の料金)がかかります。

私はLabor dayのある3連休の土曜日の夜19時からの試合で、18時半ごろに駐車したのですが、会場の南にあるParking HのLotは割と空きがありました。下記の写真だといっぱいに見えますが、左手にも駐車場が広がっていて、空きがちょこちょこありました。

US Openテニス会場の駐車場Lot H
US Openテニス会場の駐車場Lot H

マンハッタン側から自動車で向かったのですが、結構道路は混み合っていたので、試合以外のオフィシャルショップや雰囲気を楽しむためにも、試合開始時間よりもかなり早めに行くことをおすすめします。

また、すぐ近くのMets Stadiumで野球の試合がある日時とかぶると激混みになるようなので、その場合は公共交通機関を利用するのがおすすめです。

Paid Parking
When there is a New York Mets home game guests will be directed to park at General Parking Lots 1 – 6. When there isn’t a New York Mets home game guests will be directed to park in Mets Stadium General Parking. Subject to change. (Vehicles: $25; Bus: $50)

 

USオープンテニスの持ち込み品許可品・セキュリティチェック

持ち込み許可品・不可品

会場への持ち込み不可品は公式ページに記載がありますが、主な禁止品は、

  • リュックサック
  • 硬い保冷バック
  • ガラスや金属のボトルや缶
  • アルコール
  • ビデオカメラ(スマホは可)
  • パソコン
  • セルフィー

などです。持ち込める鞄のサイズは、30cm✕30cm✕40cm以下である必要があります。厳密に大きさを測られることはないと思いますが、大きなカバンは避けましょう。肩掛けかばんはOKでした。

手荷物預かり所

セキュリティチェックの手前に荷物預かり所があります。ただ、荷物一つに付き$5または、$10かかりますので、不要な荷物を持参しないようにしましょう。

荷物の出し入れにも時間がかかりますし、アメリカは基本適当なので番号札を付け間違ったりして、荷物を返却してもらえなかったりみたいな日本じゃありえないトラブルがあったりします。トラブルを避けたり、時間を節約したりするためにも、荷物を預けることはおすすめしません。

また、食べ物や飲み物は適当な量であれば、持ち込みに問題はないようです。

セキュリティチェック

セキュリティチェックは割と厳重です。そのため、多少時間をロスします。ただ、かばんがないという人に限っては、エクスプレスレーンを利用できてセキュリティチェックの長い列に並ばずともよいです。

US Openテニスの会場入口
US Openテニスの会場入口

 

USオープンテニスの楽しみ方

指定座席の試合を楽しむ

座席指定のチケットを購入されている場合には、その試合に間に合うように早めに会場へ向かいましょう。

セキュリティチェックや交通渋滞など、思わぬところで時間を取られますので、早め早めの移動が重要です。

Arthur Ashe Stadium
Arthur Ashe Stadium

違う会場の試合を楽しむ

Individual TicketのDayセッションのように、座席指定していない会場の試合も観戦できるチケットであれば、早めに会場入りして、いろんな会場のいろいろな試合を観戦しましょう。

座席指定していない試合は先着順での自由席の案内となります。

Grandstandや他のコート(Court 4,5,6)
Grandstandや他のコート(Court 4,5,6)

公式ショップを楽しむ

Tシャツやマグカップ、タオル、サイン用の大きなボールなどいろいろありました。USオープンと各ブランドがコラボした商品もたくさんあります。

これを見て回ったり買ったりするだけでも楽しいと思います。下記以外にもいくつもあってUS Openならではの商品に出会えます。

US Openテニスの公式ショップ
US Openテニスの公式ショップ

協賛会社からのベネフィットを楽しむ

2019年大会はアメックスが協賛していました。アメックスのカードを所持しているといろいろベネフィットがあります。

大会の会場で耳にイヤフォンのようなのを当てている人が大勢いますが、それはアメックスのカードを持っていたら、アメックスの特設会場でもらえるアイテムで、大会の情報を聞けるようです。

US Open Tennisのアメックスによる特設会場
US Open Tennisのアメックスによる特設会場

コート外で試合と食事を楽しむ

オープンテラスのレストランがいくつかあります。どこもおしゃれで会場の雰囲気を楽しんだり、ゆっくり時間を過ごしたりするにはおすすめです。

セキュリティチェック通過後の会場内は結構広くいろいろな施設やレストランがありますので、早めに会場入りして時間いっぱい楽しむことをおすすめします。

 

US Openテニスのチケット購入・行き方・楽しみ方のまとめ

平日の昼間であれば、かなり安くでしかも錦織圭選手のような日本の有名選手の試合を間近で観戦することが可能です。

下調べが足りずに十分に満喫することができなかったので、来年は平日に仕事を休んでしっかり楽しみたいです。会場はマンハッタンからのアクセスは良好です。日本から旅行で来られる方も8月末から9月上旬にニューヨークを観光する場合には、合わせていくときっといい思い出になると思います。

以上、US Openテニスのチケットの購入、会場への行き方、楽しみ方のご紹介でした。

これからグランドスラムの1つであるUSオープンテニスを観戦予定の方の一助になれば幸いです。

2019年10月20日遊び, アメリカ

Posted by Canteen