【ナイアガラの滝を観光する全ての方へ】ホテル・観光・出入国方法まとめ!

遊び, アメリカ

Canteenです。

世界三大瀑布のひとつのナイアガラの滝に行ってきました。

ナイアガラの滝がよく見えるホテルはどこかなとか、カナダ側にはカジノが2ヶ所あるけどどっちがいいのかなとか行く前にネットで調べた上で実際に行ってみたところ、Canteen調べでは、

  • ナイアガラの滝周辺のホテルはカナダ側の『Sheraton on the Falls Hotel』が一番
  • カナダ側のカジノは『Fallsview Casino Resort』が一番

という結論に至りました。

また、ネット情報だとナイアガラの滝の観光は1日で十分だとか、現地の観光にはレンタカーが必要だとか書いてあるのを見ましたが、実際行ってみたところ、

  • ナイアガラの滝を十分に観光するには最低2泊3日は必要
  • ナイアガラの滝のアトラクションを満喫するには、『Niagara Falls Adventure Pass Classic』の購入が必須
  • ナイアガラ観光にレンタカーは不要でWEGO(10分に1回来るバス)を活用すべし

という結論に至りました。

ナイアガラの滝について、ネットで調べようとしたのですがあまり詳しくは記載されていなかったので、これからナイアガラの滝へ行かれる皆様へ、おすすめの観光方法やおすすめのホテルがなぜシェラトンホテルオンザホールズなのかといったことをご紹介していきます。

また、私はナイアガラの滝へ自動車を使ってアメリカ側からカナダへ入国したのですが、

  • 自動車でナイアガラの滝に行く際のカナダ・アメリカの出入国手続き
  • ニューヨークシティやニュージャージーからナイアガラの滝へ行く途中のおすすめ寄り道スポット

についてもご紹介していきます。

ナイアガラの滝を観光する上で押さえておくべきポイントを詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

クルーズ船からのナイアガラの滝の眺め
クルーズ船からのナイアガラの滝の眺め

ナイアガラの滝には、アメリカ滝とカナダ滝がある

ナイアガラの滝はアメリカとカナダの国境上にありまして、ナイアガラの滝はアメリカ側からカナダ側へ流れ落ちます。

また、ナイアガラの滝には、大きい滝だけ数えるとアメリカ滝とカナダ滝の2つがあります。

両方ともカナダ側に流れ落ちますので、カナダ側に滞在するほうがおすすめです。また、カナダ側のほうがよく観光地化されていて、滝以外にも楽しめるアトラクションがたくさんあります。

ナイアガラの滝の位置関係は下記のGoogle mapからご確認ください。白くなっている部分が滝になります。川を挟んで西側がカナダで東側がアメリカです。カナダ側は大きく分けて2つのエリアからなりまして、1つは南側のカナダ滝周辺の高級ホテルが集まるエリア、そして、もう1つは北側の大観覧車やSheraton on the falls Hotelのあるエリアです。

 

ナイアガラの滝でのおすすめホテルは『Sheraton on the Falls Hotel』

何を重視するかは人それぞれですが、ナイアガラ周辺のホテルを選ぶ上で考慮すべき点は、

  • ナイアガラの滝がホテルから見えるか
  • ホテルからカジノが近いか
  • ホテル周辺に繁華街があるか

といったことになると思います。それでは、それぞれの観点からおすすめのホテルをご紹介していきます。

ナイアガラの滝がよく見えるホテル

ナイアガラの滝周辺には似たような名前のホテルがいくつかありますので間違えないようにご注意ください。似たような名前でも滝の近さが大きく異なってきます

いくつかあるホテルをナイアガラの滝がよく見える順で考えると、『marriott niagara falls fallsview hotel & spa』や『Embassy Suites by Hilton』などが選択肢に挙がってきます。下記の地図から上記のホテルの位置を確認できます。

上記の埋め込みではなく、Google mapから直接開いて、サテライト画像にしてからパソコンの場合にはShiftキーを押しながら画面をドラッグすると斜めからの様子を確認できます。各ホテルからのナイアガラの滝の眺めがどんな様子になるのかを確認するのに、おすすめです。

また、アメリカ滝正面の『Sheraton on the Falls Hotel』もおすすめです。Falls Viewのお部屋やレストランにある展望台からは、にすれば、アメリカ滝とカナダ滝の両方を一望できます。

Sheraton on the falls hotelからのナイアガラの滝の眺め
Sheraton on the falls hotelからのナイアガラの滝の眺め

ナイアガラのカジノが近いホテル

カナダ側にカジノは2ヶ所あります。1つはカナダ滝周辺にある『Fallsview Casino Resort(Google mapを開きます)』です。もう1つはアメリカ滝正面にあるホテル『Sheraton on the Falls Hotel』に隣接している『Casino Niagarat(Google mapを開きます)』です。

カジノを本気で楽しみたいならFallsview Casino Resortがおすすめです。Fallsview Casino ResortのほうがCasino Niagaraよりも新しく規模も大きいです。

またどちらか一方を選ぶ必要もなく、後ほどご紹介する『WEGO』という10分おきに来るバスを使えばカジノ間の移動は割とすぐですので、基本的にはどこのホテルに滞在しても両方のカジノを楽しめます。

ナイアガラのホテル周辺の繁華街

最後に、ホテル周辺の繁華街を考慮すると、圧倒的に『Sheraton on the Falls Hotel』がおすすめです。シェラトンホテルの周辺には、Sky Wheelという観覧車があったり、プールがあったり、ゴーカートがあったり、クラフトビールを売っている店があったりと、とにかく賑わっています。

ナイアガラシェラトンホテル周辺のストリート
ナイアガラシェラトンホテル周辺のストリート

一方、南側の高級ホテル群があるエリアはあまり賑わっているわけではなく、カジノの他には繁華街が広がっているわけではなく、カジノやホテル内にある高級ショップで買い物をするようなエリアです。ぜひ、Googleのストリートビューで比べてみてください。Sheraton on the Falls Hotelの周辺とは全然違います。

ナイアガラの滝のおすすめホテル

というわけで、Canteen調べではナイアガラの滝を観光するには、Sheraton on the Falls Hotel』がおすすめです。

Sheraton on the Falls Hotelの場合には、徒歩で簡単に近くの繁華街を巡れますし、大人気の滝壺まで行けるボートツアーの乗り場まで気軽に歩いて行けます。

一方で、マリオットやヒルトン系列ホテルがあるエリアは山の上にあるため、滝まで降りていくルートが限られています。さらに、徒歩ルートはまあまあな急坂なので、歩いて登り降りするのはかなり辛いので、もし山の上にあるマリオットやヒルトン系列ホテルに宿泊する際には、Niagara Parks Falls Incline Railway(片道$2.43、1日券$6.19(2019年8月時点))または、WEGOというバス(後でご紹介するアトラクションのパスに乗り放題がついてくる)を利用しましょう。

下記の地図がIncline Railwayの場所です。

マリオットやヒルトン系列のホテルが川側ではなく高台にあることをご確認いただけると思います。滝を見に行くのにいちいちバスに乗ったり、Incline Railwayに乗ったりするのは面倒だと思います。カナダ滝の眺めは恐らく素晴らしいのでしょうが、ナイアガラの滝へ近づいたり観光に行くのにはやや不便な立地です。

 

ナイアガラのおすすめの観光方法

Niagara Falls Adventure Pass Classicをネットで購入しアトラクションを楽しむ

Niagara Falls Adventure Pass Classic

ナイアガラの滝周辺には、滝壺まで行けるボートや滝の裏まで行けるツアーなどいろいろなアトラクションがあります。そうしたアトラクションを楽しまないとせっかくナイアガラまで来たのにもったいないです。

そこで、おすすめなのがNiagara Falls Adventure Pass Classic(65カナダドル2019年8月時点)です。このパスには、

  1. Journey Behind the Falls(滝裏まで掘られた横穴を歩いて行けるツアー)
  2. Hornblower Niagara Cruises(滝壺まで行けるボート)
  3. Niagara’s Fury(4Dの映像と水しぶきなどが楽しめる)
  4. White Water Walk(ナイアガラの滝下流の急流のお散歩コース)
  5. Two-day WEGO Access(10分おきに来るバスのフリーパス2日分)
  6. Exclusive Pass-holder Benefits(お土産店での買い物の割引券などのクーポン)

が含まれています。

一番人気は、2番の滝壺まで行けるボートです。ナイアガラの滝を眺めると、滝壺近くまでフェリーみたいなのがめちゃくちゃ近づいているのがわかりますが、それです。どれもとっても楽しいので、一通り体験することをおすすめします。

いずれもWEGOというバスでアクセスすることができます。最寄りのバス停は以下のとおりです。

1・3番:WEGOバス停:TABLE ROCK CENTRE(マリオットホテルの真下)
2番:WEGOバス停:Hornblower Niagara Cruises(シェラトンホテルのすぐ近く)
4番:WEGOバス停:White Water Walk(やや北の方)

WEGOのルートはこちらから確認できます。

Niagara Falls Adventure Pass Plus

もうワンランクアップすれば、Niagara Falls Adventure Pass Plus(90カナダドル2019年8月時点)というのもあります。上記のクラシックパスに加えて、

がパスに含まれています。

ただ、1泊2日から2泊3日であれば60カナダドルのクラシックパスで十分です。1泊2日の場合には、アトラクション全てを回って、かつ、アメリカ側からのナイアガラの滝の観光に行くと時間は足りないくらいです。しかも、プラスのパスで追加されるのは滝からやや遠方のスポットで時間をかけてわざわざ行くほどの価値があるかは疑問です。

パスの購入方法と現地での引換え方法

上記のパスはいずれもNiagara Parksの公式サイトから購入できます。購入後には、Niagara ParksからE-mailが来ます。このE-mailから確認できるモバイルチケットをNiagara Parks Welcome Centerに持っていくと、こんな感じの首から下げられるパスを入手できます。Welcome Centerは複数あります。上記のリンクから最寄りのCenterを確認できます。

Welcome Centerではなくてアトラクションの入り口に直接行って提示してもOKみたいです。

Niagara Falls Adventure Pass Classic
Niagara Falls Adventure Pass Classic

移動にはWEGO(バス)を活用する

知り合いからNiagaraの観光にはレンタカーがいる説を聞いていたのですが、自家用車でナイアガラに行ったにもかかわらず、現地では車を全く使いませんでした。

現地ではNiagara Falls Adventure Pass Classicのようなパスを購入すれば、10分毎に来る便利なバスに乗り放題です。複数ルートがありまして、ホテルやメインの観光地をサクサク回れます。車で回ると駐車場を探したりする手間もありません。

いずれのアトラクションもWEGOで巡ることができます。WEGOのルートはこちらから確認できます。

観覧車(SkyWheel)からナイアガラの滝を楽しむ

『Sheraton on the Falls Hotel』から歩いてすぐのところにある大観覧車です。観覧車のてっぺんから眺めるナイアガラの滝の景色は最高です。乗る価値ありです。

2019年8月時点で大人$12.99、子供(12歳以下)$6.99です。

ナイアガラの滝をSkywheelから眺めるべし
ナイアガラの滝をSkywheelから眺めるべし

ナイアガラの滝に毎日打ち上がる花火を楽しむ

6月下旬から8月にかけては毎日夜10時、その他の月も土日に花火が上がります。川底の下から上がってくる花火でとっても大きく見えます。

割とすぐ終わってしまうので、10時には見始めれるように外なりレストランの窓側なりで待機しておきましょう。かなり広い範囲で見ることができます。

無料ですし、大迫力なので見なきゃ損です。外は割と混みますが、それでも全然見えます。

また、夜になると滝のライトアップもあります。花火の前後に少し散歩しても楽しいと思います。

ナイアガラの滝の花火
ナイアガラの滝の花火

カナダ側だけではなくアメリカ側からもナイアガラの滝を眺める

カナダ側のほうがよく観光地化されていて、ホテルやカジノが充実しています。カナダ滝やアメリカ滝をきれいに見ることができます。

カナダ側からのナイアガラの滝の眺め
カナダ側からのナイアガラの滝の眺め

一方で、アメリカ側は国立公園のようになっています。車でいらっしゃっている方は駐車場がありますし、カナダ側から車でサクッと来れます。

アメリカ側からのナイアガラの滝の眺め
アメリカ側からのナイアガラの滝の眺め

さらにアメリカ滝を真横から間近に見ることができます。アメリカ側のほうが自然な感じがあります。

アメリカ側から間近に見られるアメリカ滝
アメリカ側から間近に見られるアメリカ滝

カナダ側とアメリカ側いずれも非常に良い眺めなので、両方に行くことをおすすめします。車でも徒歩でもアメリカとカナダの国境超えは可能です。

ナイアガラのカジノを楽しむ

ナイアガラの滝でのおすすめカジノは『Niagara Fallsview Casino Resort』です。

すでに、ホテル選びのところでご説明しましたが、カナダ側に2ヶ所あるカジノのうち、『Niagara Fallsview Casino Resort』が広くて、新しくてカジノを楽しむにはおすすめです。

ディーラーがいる系のテーブルでのミニマムベッドは15カナダドル(1カナダドルは約90円)程度なイメージです。

余談ですが、未成年はカジノへ入れません。というわけでお子様がいる場合にはカジノへ一緒に入場することはできませんので、ご注意ください。

ドラフトビールを楽しむ

ビールが美味しいNiagara Brewing Company
ビールが美味しいNiagara Brewing Company

Sheraton on the falls hotelに隣接したところにあるビールの醸造所です。ビールはかなり美味しいです。アクセスが非常にいいのでとってもおすすめです。大観覧車に行く道すがらにあります。

周辺のプールや遊戯場、ゴーカートを楽しむ

Sheraton on the falls hotelや大観覧車Skywheelの周辺には屋内プール(Fallsview Indoor Waterpark)やゲームセンター、ゴーカート、パターゴルフ場などたくさんのアトラクションがあります。

どことなくラスベガス感があります。とてもアメリカンな雰囲気ですので、その周辺を散策するだけでも楽しいです。

 

ナイアガラでのアメリカ・カナダの自動車での出入国方法

アメリカからカナダへの出入国手続き

アメリカ側からカナダ側のナイアガラ観光エリアへ行くときにはRainbow Bridgeという橋を通ります。橋の手前でTollがあり、EZ-passまたは有人のゲートで通行料(2019年8月時点で$3.75)を支払います。特になんの審査もないです。出るものは追わずです。

ただ、橋を超えてカナダに入国するときには、パスポートのチェックがあります。強面の職員の人から入国目的を質問されました。『I’m here for vacation.』とか言っとけばOKです。ご家族で行く場合には、全員分のパスポートの提示が必要となりますのでご留意ください。

陸路で自家用車を使って国境超えしたのは初めてだったのですが、特にトラブルはなかったです。心配しすぎなくて良いと思います。夜の7時くらいに入国したのですが、Rainbow Bridgeはかなり渋滞してましたけど、橋の上からチラチラ見えるNiagara Fallsを眺めていたらあっという間です。

カナダからアメリカへの出入国手続き

カナダ側から出るときは何にもないです。アメリカと同じで出るものは追わずです。

記憶が多少曖昧ですが、アメリカ側では簡単な入国審査があります。それとお金も$6ほど取られた気がします。朝の9時頃に出たのですが橋の上はまあまあ渋滞してました。

 

ニューヨークシティ・ニュージャージーからナイアガラの滝へ車で行くときの寄り道・お昼ごはんスポット

今住んでいるニュージャージー州からちょこちょこ寄り道しつつ車でナイアガラへ行ってきました。片道6時間以上かかりましたが、想像していたよりはドライブは大変ではなかったです。アメリカの道は真っ直ぐでそこまで混んでもないし楽ちんです。

ただ、せっかく長距離ドライブするなら寄り道しつつあちこち観光したいですよね。Canteen調べのおすすめ寄り道スポットをご紹介していきます。

Cayuga Lake Stewart Park

Cayuga Lakeは、だいたいNew York CityとNiagara fallsの真ん中あたりに位置する縦長の湖群Finger Lakeの1つです。

New YorkやNew JerseyからNiagaraまでは7時間程度のドライブです。こういうところに寄り道していたので、私は行きは12時間かかってしまいましたが、とっても楽しいですし、休憩がてらの寄り道すると旅してるって感じがしますね。

このCayuga Lake Stewart Parkは、写真で伝わるかわからないですが、超絶癒やしスポットです。桟橋や湖に向かったブランコベンチがあったりしてゆっくりした時間を過ごすことができます。本当はもっとゆっくりしたかったのですが、時間がなく一瞬立ち寄って終わりでした。。。

Cayuga Lake Stewart Park
Cayuga Lake Stewart Park

Seneca LakeのWatkins Glen State Park

Seneca LakeもFinger Lakeの1つです。

先程のCayuga Lake Stewart Parkとは異なり、滝があったりしてトレッキングができます。滝の裏を通れたり、谷にかかる吊橋や石橋があったりでかなり面白いです。イメージとしては宮崎の高千穂峡みたいな感じです。

本当はもっと時間かけて回りたかったのですが、Niagaraへの道半ばであったため、サクッと切り上げましたがとてもおすすめです。私が行った日は小雨だったのですが、わりかし人もいましたしとっても楽しかったです。

Watkins Glen State Park
Watkins Glen State Park
Watkins Glen State Parkの案内板
Watkins Glen State Parkの案内板

Watkins Glen近くの『Thai Elephants』

タイ料理屋さんです。めっちゃ美味しいです。Watkins Glen近くに来る頃にはちょうどお昼頃なはずですので、ぜひお立ち寄りください。Thai Elephantsの地図はこちらです。

バッファローチキン発祥の店『Anchor Bar』

アメリカで有名なバッファローチキン発祥の店がナイアガラから車で30分程度のところにあります。Acchor Barの地図はこちらです。

お店の中はかなり凝った作りになっていて、いい感じの雰囲気です。帰りの出発が遅くなったので、テイクアウトにしたのですが、もう少しメニューを吟味して、ゆっくりランチしたかったですね。チキンの味はアメリカンでした。こちらもおすすめです。

バッファローチキン発祥のお店Anchor Bar
バッファローチキン発祥のお店Anchor Bar
Anchor Barのチキンが入ったボックス
Anchor Barのチキンが入ったボックス

 

ナイアガラの滝の観光まとめ

以上、ナイアガラの滝を観光する方へのおすすめ情報のご紹介でした。

ご紹介した他にも、アメリカ側では滝壺に行くボートや滝の直ぐそばの遊歩道を歩けるツアーもあるみたいです。カナダ側ではナイアガラの滝を眺めながらのジップラインもあります。

1歳過ぎの子連れで行きましたが、滝壺に行くボートも含めて基本的にすべて楽しむことができました。滝という大自然に加えて、カジノや遊園地もあって、よく観光地化されています。とっても楽しかったです。

ナイアガラの滝をこれから観光される方の一助になれば幸いです。

遊び, アメリカ

Posted by Canteen