Amazon Primeビデオのおすすめ映画・ドラマ・アニメ・お笑い40選!

2018年5月5日遊び

Canteenです。

Amazon Prime会員(年会費3,900円)になりますと、Amazon Prime Videoの内、Prime会員特典の対象となるビデオについては、追加料金なしでいつでも見放題です。無料でお試しもできますので、まだ会員でない方は、試されてみるとよいと思います。

Prime Videoが良い点は、スマホにアプリをインストールして、自宅のWi-Fi環境なんかでビデオをダウンロードしておけば、高画質の2時間超の映画もスマホでいつでもどこでも観れます。飛行機での移動中や電車での通勤・通学中にも観れるのでとても重宝します。

Prime Videoのアプリのインストールはこちらからどうぞ。

Prime Videoの対象となるビデオは、左上に「Prime」と記載がありますし、「プライム会員特典」のタブをクリックすれば、対象となるビデオのみを表示できます。

こちらがPrime Videoのトップページになります。

それでは、Prime Videoでいろいろ見た結果、Canteen調べでオモシロイと思ったおすすめビデオご紹介します!公開されているビデオは、入れ替えがありますので、ご紹介しているのは2018年5月現在の情報であることに予めご留意ください。

彼氏とお気に入りの動画を見る
彼氏とお気に入りの動画を見る

映画

ハートフル系

最高の人生の見つけ方

モーガン・フリーマンも出てて、結構有名なやつですね。対照的なおじいちゃん2人の物語です。大学の研究室で鬱になる理系男子はたくさんいますが、そんな時にはレイト・ショーの映画見ながらビールでも飲んでストレス発散すると良いです。本作も心温まりますので、おすすめです。

ショーシャンクの空に

こっちもモーガン・フリーマン出てますね。今まで見た中で一番の映画はと聞かれて、本作を答える方がよくいらっしゃいますよね。劇的なストーリーがあるわけではありませんが、見終わった後に心にすっとした感動が残ると思います。

レオン

ブラック・スワンでアカデミー主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマンのデビュー作です。あの知的で鋭い女の子がスターウォーズのアミダラ女王役をやったり、アカデミー賞を受賞したりと当時は想像もできなかったと思います。ナタリー・ポートマンの好演もあり、名作です。

きっと、うまくいく

インド映画です。ハリウッド映画と邦画以外あまり見たことはないのですが、こちらはそういう方でも許容範囲だと思います。とっても楽しい掛け合いとミュージカル的な要素もあり、また、前向きで心がすっとするような気持ちを味わうことができます。みんな一生懸命でそして前向きです。

ソラニン

邦画もご紹介していきます。宮崎あおいさんが主演の映画です。あおいちゃんの可愛さがほとばしります。また、本作の主題歌はASIAN KUNG−FU GENERATIONのゴッチが原作者の浅野いにおさんの作品をもとに書き上げた『ソラニン』という曲になってます。宮崎あおいさんがソラニンを歌うシーンにちょこちょこ回想が混じって、しっかり聴けないところがイマイチですがそれ以外はよいです。

横道世之介

高良健吾さんが主演です。吉高由里子さんも出てます。そして、ソラニンと同様主題歌はASIAN KUNG−FU GENERATIONが歌ってまして、『今を生きて』という曲です。この曲はCanteenの大好きな曲の1つです。この映画を見ると、優しく物悲しいような不思議な気持ちになります。

 

SF系

スタートレック

CanteenはSFがいちばん好きです。ちなみに海外ではSci-Fi(Science Fiction)と言うようです。スタートレックシリーズは食わず嫌いしていたのですが、見てみるとコミカル要素もあり面白いです。

第9地区

宇宙人系です。アクションあり、宇宙人あり、ダイナミックな宇宙船ありで見てて飽きないと思います。宇宙人がだいぶ気持ち悪くそして人間が醜く描かれてます。

オブリビオン

トム・クルーズが主演です。これといった特徴は無いですが、意外性のある展開で面白いと思います。地球の景色もある意味とてもきれいです。

インセプション

次元を超越する系のやつです。レオナルド・デカプリオが主演です。この手の映画で一番有名ではないでしょうか。ちなみに、SFでCanteenが一番好きな映画は『インターステラー』という映画です。それとこのインセプションも少し似てるところがあります。

ゼロ・グラビティ

宇宙船パニック映画?です。ジョージ・クルーニーが出てます。ジョージ・クルーニーはERってドラマでの活躍をきっかけに売れていったんでしたよね。この映画でのジョージ・クルーニーはあくまでもジョージ・クルーニーです。ジョージ・クルーニーはオーシャンズイレブンとかのイメージ強すぎて、何を演じてもジョージ・クルーニーに見えてしまいます…

ゴーストインザシェル

スカーレット・ヨハンソンが主演です。攻殻機動隊ってアニメの実写化です。ストーリーが原作と違うものの、実写化の見た目や映像美の精度はホント高いと思います。日本では上映開始当初、まあまあ不評だったような記憶がありますが、私は結構好きです。

 

ファンタジー系

ロード・オブ・ザ・リング

指輪物語です。ロード・オブ・ザ・リングの第1作目は2001年の公開ですが、今見てもきれいな映像で、王道を行くようなファンタジーで、2000年代初頭の映画とは思いない完成度です。好きで最近もう一度頭から最後まで見てしまいました。関連作品のホビットの冒険も同じくらい面白いです。

鴨川ホルモー

鴨川ホルモーは、ファンタジー小説が原作です。私は読んだことなかったのですが、妻は読んだことあったようで、よく映像化されてると言ってました。コミカルで不思議な展開です。山田孝之さんや栗山千明さん、芦名星さん、濱田岳さんらが好演してます。

 

ドラマ

海外ドラマ

ウォーキングデッド(シーズン1〜8)

ゾンビドラマです。最近は超有名になってきてます。私は知らなかったのですが、『カリギュラ』でゾンビ王選手権みたいのやっててそれきっかけで知りました。本作はバイオハザードのような、ゾンビの恐ろしさを前面に描いたものではなく、荒廃した世界での人間模様やサバイバルを中心に描かれています。イッキ見したくなります。ウォーキングデッドは現在シーズン8が最新作です。ちなみに、シーズン8は2018年4月に放送が終了し、シーズン9の制作も決定しているようです。

24(シーズン1〜10)

古いですが24です。複数のプロットが同時並行で進んでいきます。地元のレンタルビデオ店で最新話が出るたんびに、レンタル競争にさらされながら観ていたのをよく覚えてます。面白いです。

プリズンブレイク(シーズン1〜5)

これもハマってみてしまいました。主演は24にも出ていた、ウェントワース・ミラーという俳優さんです。頭脳戦やアクション、裏切りに離合集散いろいろあって面白いです。ただ、ストーリーの納得感というか不自然さが時折見られ、そういう点ではまだ24のほうが上だなとは思いました。

リベンジ(シーズン1〜4)

だいぶ前にハマってみてました。日本人役がいるのですが、シーズン1は真田広之さんでシーズン2からは急に知らない人になってハァとは思いましたが、やんごとなき事情があったのでしょう。復讐って怖いですね。

LOST(シーズン1〜6)

はじめは超面白かったんですが、途中のシーズンから、あ、これは伏線回収する気ないな、みたいな雰囲気が出てきて、一気に中だるみと惰性で見るような状態になってしまいます。たた、最後には割と一気に伏線回収してきますが、まあまあアクロバットな展開でついていけません。笑

ゴシップガール(シーズン1〜6)

面白いです。セレブやパンピーの格差、若者たちの恋や裏切り、いろいろ詰まってます。人間関係というか恋愛関係が複雑で、人類みな兄弟みたいになってきます。無茶長いですけど、割と見てられます。

ゲーム・オブ・スローンズ(シーズン1〜7)

これはまだ完結してないです。登場人物多すぎて、相関図見ながらじゃないとなかなかフォローが難しいです。少しずつ世界観が明らかになっていきますが、ワクワク感がかなりあって面白いです。人間模様やアクション、ファンタジーなどいろいろあって面白いです。エミー賞というアメリカのドラマ版アカデミー賞的なやつを連続で受賞している名作です。

SUITS(シーズン1〜6)

これは実はまだ観てません。ただ、複数の知り合いからこれは面白いとおすすめもらってるのでご紹介しておきます。弁護士が主人公のお話みたいです。

 

日本のドラマ

鈴木先生

ここ数年の中では一番面白いドラマでした。当時はまだ無名の土屋太鳳さんも出てます。しばらくしてテレビでよく見るようになって、どっかでみたなあって思ってたら、このドラマでした。長谷川博己さん主演ですが、当時はまだあまり売れてなかった記憶がありますが、演技派で面白かったです。白石美帆さんと当時付き合ってた気がします。日本のよくあるスッカラカンのドラマではなく、いろいろと考えさせられるドラマです。

白夜行

記憶に残ってる中では、一番好きな日本のドラマな気がします。泣きました。綾瀬はるかさんと山田孝之さんの演技力の高さに驚かされます。ひたすら暗いですが、毎週リアルタイムで食い入る様に見てました。主題歌を柴咲コウさんが歌っててこれもまたドラマとよく合ってる名曲でした。CD買っちゃいました。

モテキ

森山未來さんが主演です。周りに現れる女性が美人ばっかりでほんと主人公楽しそうです。森山さんがまあまあ見た目かっこいいので、いろいろ思うところはありますが。漫画でいうといちご100%みたいな感じですかね。内容は違いますが、受ける印象は似たようなもんです。

孤独のグルメ(シーズン1〜7)

ひたすら食を描写するドラマです。東京住んでる方が見ると、実際にサクッと行ける距離感の店がたくさん紹介されてて、楽しいかもしれません。松重豊さんが主演で、ちょこちょこ有名人がお客さん役とかで現れます。お腹空いてきます。松重さん演じる井の頭五郎めちゃ食います。個人輸入業みたいのやってるみたいです。

 

Amazonオリジナル

お笑い

今田×東野のカリギュラ

東野幸治さんと今田耕司さんのWコウジが司会の番組です。内容が一部はとてつもなく下品ですが、クソ下らなくて面白いです。ホームレス知識王選手権は後味悪かったですが、それ以外は面白かったです。更新終わってしまったのがホント残念です。

ドキュメンタル(シーズン1〜5)

こちらは、まだ新作が定期的に追加されてます。テレビCMでよく宣伝されてますよね。これはほんと面白いです。このためだけにプライム会員になっても損ないと思います。2018年5月現在、シーズン5が追加中です。

ザ・ワールドチャネリング

野性爆弾の冠番組です。見せ場はクソしょうもないですが、破天荒で面白いです。野性爆弾くっきーの世界観をよく知ることができます。めちゃ癖があるので嫌いな方もいるかもしれませんが‥

内村さまぁ~ず

内村さまぁ~ずです。いつの間にかAmazonがオリジナルで本家になってます。ゆる~い笑いを楽しめます。大自然クイズとか、健康診断とか毎年恒例行事ですね。仲の良さが伝わってきて、その場に自分もいるかのような気持ちで和気あいあいして観ることがてきる番組です。

 

ドキュメンタリー

バチェラー・ジャパン(シーズン1〜2)

やたら押してくるけど何だこれ。と、食わず嫌いを克服してみてみると、ドハマリしてしまいました。恋愛ドキュメンタリーです。シーズン1は終了しまして、満を持してシーズン2がいよいよ2018年5月からスタートします。この手の番組は海外にはいろいろあるみたいです。日本ではあいのりとかテラスハウスとかになりますかね。でも、それらとは一線を画する面白さがあると思います。

 

アニメ

 最近のアニメ

メイドインアビス

ここ最近見たアニメの中では一番面白かったです。超オススメです。映画を見ているかのような映像美に加え、未知や冒険のワクワク感。キャラデザインにやや癖がありますが、ぜんぜん許容範囲です。是非観ていただきたい、おすすめの一作です。

ハクメイとミコチ

キャラデザインがメイドインアビスと似たようなところがあります。また、緻密な絵で映像美も楽しめます。世界観は全く異なり、ほんわか系ですが、ゆるやかな日常に出会いやいろいろエピソードがあり、癒やされます。

正解するカド

異世界人がやってくる系のSFです。入りはとても面白いです。様々な駆け引きや人間模様があり、楽しめます。こういう映画でいうと『メッセージ』みたいなやつですかね。世界観は異なりますが。おすすめです。

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)

通称、シュタゲです。ネット上では一番面白いアニメと一部では言われてるらしいです。映画でいうと『バタフライ・エフェクト』みたいなやつですね。斬新なアイデアがあるわけではないですが、オタク系の主人公に、美人ぞろいの仲間たちというので、王道を行ってる感じがします。一番面白いかと言われるとそうでもないですが、面白いです。

アルドノア・ゼロ

ロボット戦争系アニメです。展開がややこしくてフォローしづらいところもありますが、フォローできなくても楽しめます。憎めない主人公に真っ直ぐな相棒や仲間がいて、見てて楽しいです。特に「これが」みたいなのはないですけど、なぜか印象に残ってるアニメの1つです。

この素晴らしい世界に祝福を!

コミカル系の異世界アニメです。シーズン1とシーズン2で作画が激変して、シーズン2の最初はなかなか受け入れ難かったですが、慣れるとそうでもないです。シーズン1の方が好きですが。軽く楽しみながら観ることができます。おすすめです。

サクラクエスト

田舎に引っ越して町興ししようという社会派?のアニメです。描写がなかなかリアルなところがあって、自分と当てはめて胸に突き刺さる瞬間がありました。この手のアニメでは古びた遊園地復活させようみたいなのが、タイトル忘れましたがありましたけど、現実世界と同じ世界観でしっかり描かれてるのは、本作だけではないでしょうか。

 

 割と昔のアニメ

ジャングルはいつもハレのちグゥ

通称ハレグゥです。懐かしく感じるのは私だけでしょうか。漫画も読んだ気がしますが、記憶があやふやです。独特の世界観で、グウに振り回されるハレが描かれています。基本的にはコミカル系です。面白いです。

魔法少女まどか☆マギカ

通称まどマギです。一時期のアニメブームを牽引していた気がします。絵のタッチが独特ですが慣れると思います。可愛いキャラデザインと残酷さ加減のギャップがすごいです。映画版もありますが、概ねストーリーはアニメ版と同じで、アニメからの大幅なカットみたいのもないです。マミられるなんて言葉もできました。使ったことないですが。

 

まとめ

以上、Prime Videoのおすすめ映画、ドラマ、お笑い、アニメのご紹介でした。プライム会員の方なら全て無料でご覧になれます。面白い作品ばかりご紹介しましたので、たぶんご満足頂けると思います。

こうやって振り返ってみると、海外ドラマにむちゃくちゃ時間使ってるのがわかって恐ろしい気もしますが、どれもとても面白かったです。

お一人でもご家族とでもゆったりとした時間を過ごされてください。皆様のインドアライフの一助になれば幸いです。

2018年5月5日遊び

Posted by Canteen