【徹底解説】カンクン・チチェンイッツァ遺跡&セノーテツアーの手配・服装・持ち物!

2020年1月13日遊び

Canteenです。

カンクンのチチェンイッツァ遺跡とセノーテのツアーに行きました。色々なツアー会社からツアーが出ていますし、お泊まりのホテルに入っているツアー会社のオフィスでもツアーを予約できると思います。

ただ、基本的にはネットで予約した方が安いです。CanteenはViatorというところで予約しました。割と大手のツアー会社っぽいです。

ツアーはあちこちのホテルから人を集めて、バスを乗り換えてと行った様子で、どこから申し込んでも同じようなツアーになるみたいでした。

それでは、チチェンイッツァとセノーテのツアーの様子と必要な持ち物などをご紹介していきます。

チチェンイッツァ遺跡
チチェンイッツァ遺跡

チチェンイッツァ遺跡・セノーテへのツアーの申し込み方法

Canteenは上記のViatorというツアー会社から申し込みました。いくつかプランがありました。ツアーによって価格差がありますが、価格差の理由がわかりません。めちゃくちゃ高いやつはプライベートツアーのようです。一番安いのでいいと思います。大人一人$50USくらいのに参加しました。

私が参加したツアーでは別途大人一人あたり$25USの遺跡への入場料を現金で徴収されました。

ホテルまでピックアップしに来てくれます。予約時にホテルをリストの中から指定できました。滞在していたホテルがリストになかったので、最寄りのホテルを選択しました。リストになければ、フリーフォームに書き込めるようになっていた気がします。ただ、私は2日前に予約で電話も使えない状態だったので最寄りのホテルで妥協しました。

前日に確認の連絡がメールで来て、きちんとピックアップしてもらえました。30分遅れくらいでしたが。。。ピックアップの時間は朝の7時35分でした。

ホテル前にバンが来て、名前を呼ばれます。聞き逃さないように時間になったら待ち合わせ場所でしっかり待っていましょう。違う行き先の人が同じバスに乗せられて、その後、乗り換えして目的地毎に乗り換えるパターンが多いようです。注意して聞きましょう。

すぐに見せられるようにチケットの印刷物を準備することも忘れないでください。ホテルで印刷してもらえますので、お願いしましょう。

日本の旅行会社の方が高いかなと思ったりしていたのですが、そうでもなさそうです。Veltraはカンクンでは使った事ないですが、他の国では使ったことがあります。ツアーの一覧表があってわかりやすいです。

おすすめの服装と持ち物

チチェンイッツァは運動靴で回るべし

順番としては、まず遺跡に行って、帰りにセノーテによる流れです。遺跡の中は結構歩きます。ピラミッドを登ることは禁止されているので、そういうハードさはありませんが、道が舗装されていないので、できればスリッパよりは運動靴等の方が望ましいと思います。我が家は皆スリッパで行きましたが。。。

セノーテの水着、タオル、スリッパ

ただ、遺跡の後にはセノーテで泳ぎます。泳がないかもなんて思ってるかもしれませんが、セノーテの穴に降りていく人のほぼ全員が水着です。更衣室はありますが、混んでますし大した設備もないので、服の下に水着を着て行ったほうが良いです。セノーテで濡れても良いようにスリッパかマリンシューズも持って行った方が良いです。

セノーテには温水のシャワーはありません。タオルもありません。バスタオルは必須です。

道中のバス車内での備え

チチェンイッツァ遺跡は結構遠いです。カンクンからは200kmくらいあります。車で行っても2時間以上かかります。そのため道中の水分補給やおやつのために食べ物と飲み物も十分に持って行った方が良いです。

また、バスの中は冷房で寒いので、フリースか何か防寒着があった方が良いです。

ポイント

  • チケットの印刷物
  • 身分証明書(パスポート)
  • 運動靴とスリッパの両方あると良い
  • 水着を下に着ていくべし
  • セノーテで泳いだ後の着替えを忘れない
  • バスタオルを持っていくべし
  • バスの中で着る防寒着が必要
  • 食べ物と飲み物を十分に持っていく

チチェンイッツァ遺跡

チチェンイッツァの駐車場
チチェンイッツァの駐車場

駐車場の様子です。観光バスがわんさか泊まっているのがわかると思います。

チチェンイッツァのチケットオフィス
チチェンイッツァのチケットオフィス

外国人の入場料は$481メキシコペソです。2020年1月現在日本円で2,800円程度です。結構強気の価格設定ですね。

遺跡の中にはちょっこっとしかトイレがないです。ただ、人はわんさかいます。トイレは激混みらしいので、必ずチケットオフィスのちょっと先に入ったところにあるトイレで用を済ませてから観光に行きましょう。

一番でかいピラミッド
一番でかいピラミッド

ガイドさんによるのかもしれませんが、結構くまなく案内してくれますし、しっかり説明してくれます。そのせいで全くゆっくり過ごすことができませんでした。もしゆっくり過ごしたいのであれば、自由行動のツアーを選んだ方が良さそうです。

Veltraのツアーで到着したら自由行動のツアーもありました。

お昼ご飯の場所
お昼ご飯の場所

お昼ご飯は遺跡の後にありますが、地元の工芸品の作るところに連れてかれて、その後にバイキングのランチ会場でご飯を食べました。

また、昼ごはんは2時を過ぎていて参加者からはかなり不満の声が出ていました。あまりに疲れたからかすみでぐったりしている人もいました。手元のおやつや非常食は必須です。

そういうよくわからんところに時間を取られてしまうのが本当に残念な感じでした。そんなとこに行くくらいだったら、遺跡でゆっくりさせて欲しいです。お金に対するギラツキ感は東南アジアよりも激しい気がします。。。

セノーテ・イキル

セノーテ・イキル
セノーテ・イキル

その後、セノーテに移動しました。バスですぐです。滞在時間は1時間ほどでした。着替えたり泳いだり体拭いたりまた着替えたりしていると時間はあっという間です。

なので、ご説明の通り水着を下に着て来た方が良いです。時間の節約になります。

ロッカーが数ドルで使用可能です。ただチャチな錠前のロッカーです。タオルと着替えと手持ちの少しの現金を預けるくらいになると思います。

右手に飛び込み台があります。水深は40mくらいあるそうなので、飛び込んでも怪我しません。かなり高いですが。

セノーテ・イキル
セノーテ・イキル

写真通りのとても綺麗なところです。写真通りでびっくりしました。セノーテ・イキルは行く価値ありです。

Valladolid

Valladolid
Valladolid

セノーテの後にValladolidという歴史ある街で30分程度の町歩きの時間がありました。ここでは帰りに備えてチョコレートとかちょっとした食料を買うくらいしか時間的にできませんでした。

ここからホテルに帰り着いたのは結局21時頃でした。晩御飯を食べる時間もなくてかなりキツキツです。晩御飯をどうするかとか予め決めておいたほうが良さそうです。

まとめ

以上、カンクンのチチェンイッツァ・セノーテツアーの手配・服装・持ち物の準備についてのご紹介でした。

正直、余計な寄り道がたくさんあって、もう少し早く帰りたかったですね。。。Valladolidは雰囲気は良さそうな感じでしたが、すぐに暗くなってしまったのと滞在時間が30分くらいだったので、まともに見て回る時間はありませんでした。みんな疲れていたので、行かなくても良かったです。

このようにかなり強行軍なので、適宜食べ物をつまんだり、水分補給したりできるように色々持っていくことをおすすめします。

これからカンクンに行かれる方の一助になれば幸いです。

2020年1月13日遊び

Posted by Canteen